9420免费观看在线电影-9420高清完整版视频在线观看
”新車同様の中古車”なら新車より60萬円以上安く買える!
スポンサーリンク

【新型マツダCX-3】マイナーチェンジ2021後のグレードの違いとは!おすすめは特別仕様車Super Edgy!?Urban Dresser!?

モデルチェンジ情報

こんにちは!青空ひつじ(♂)です。

今回は、2021年10月14日に行われたマツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(一部商品改良)による変更點をまとめてみました。

今回の改良ではグレード構成が大きく変更され、特別仕様車「Super Edgy(スーパー エッジー)」も新たに追加されました。

そこで、マイナーチェンジ後の「CX-3」の各グレードの違い、おすすめグレードを徹底検証してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダ「CX-3」マイナーチェンジ(一部商品改良)2021による変更點


マツダ「CX-3」公式HPより

2021年10月14日に行われたマツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(一部商品改良)による変更點は、以下のとおりです。

?

■グレード構成

  • 2.0Lガソリン車(「20S PROACTIVE S Package」、「20S Exclusive Mods」)の廃止
  • 「XD Exclusive Mods」の廃止
  • 「XD PROACTIVE S Package」は「XD Touring」に名稱変更
  • 「XD」、「XD Touring」の裝備設定、価格設定の大幅変更
  • 特別仕様車「Super Edgy(スーパー エッジー)」の発売

■その他

  • 前後のホイールアーチ部分をカバーするクラッディングとバンパー(フロント?リア共)下部をグロスブラック塗裝とした「ブラックグロッシーパッケージ」をセットオプションとして追加
    ※「15S Touring」、「15S Urban Dresser」、「XD Touring」(AT車)
  • ワイヤレス充電(Qi)を新たにオプション設定
    ※「15S Super Edgy」、「XD Super Edgy」
  • Apple CarPlayワイヤレス接続をオプション設定
    ※「15S Super Edgy」、「XD Super Edgy」
  • ワイパーデアイサーをAWD車に標準裝備
  • マツダコネクトセンターディスプレイを7インチから8インチへ拡大
  • ボディカラーに「プラチナクォーツメタリック」を追加
    ※「エターナルブルーマイカ」を廃止

?

今回の改良による最大の変更點は、何と言ってもグレード構成の大幅変更でしょう。

2017年6月より設定されていた2.0Lガソリン車が廃止され、ガソリン車は1.5Lガソリン車に集約されました。

?

また、「XD PROACTIVE S Package」は「XD Touring」に名稱変更され、「XD」及び「XD Touring」の裝備內容や価格設定が大幅に変更されています。

さらに、同じグレードでもAT車とMT車の裝備內容が異なるため、価格設定は最大で約42萬円も異なる點が特徴的です。

裝備內容や価格差の詳細は後述していますが、簡単に言えば「XD」(AT車)は「15S」に、「XD Touring」(AT車)は「15S Touring」に裝備內容をほとんど合わせ、価格設定を大幅に下げたということです。

具體的には、「XD」(AT車)は21萬円程度、「XD Touring」(「XD PROACTIVE S Package」、AT車)は33萬円程度、一部商品改良前より価格が下がっています

従來は、1.5Lガソリン車を廉価なグレードに設定し、2.0Lガソリン車と1.8Lディーゼル車を裝備が豪華な上位グレードに位置づけていましたが、それをやめ、昨今のトヨタのガソリン車とハイブリッド車のようなグレード構成にした形ですね。

厳密には1.8Lディーゼル車の方が依然として裝備內容は豪華になっていますが、いずれにしても今回の改良で1.8Lディーゼル車がお求めやすい価格になったということですね。

ちなみに、1.5Lガソリン車の価格設定に変更はありません。

?

一方、質感をさらに高めることができる新たなセットオプション「ブラックグロッシーパッケージ」、非常に質感高い最上位グレードとなる特別仕様車「Super Edgy(スーパー エッジー)」も追加されています。

これらの詳細も後述しています。

?

その他、マツダコネクトセンターディスプレイを7インチから8インチへ拡大されたことも大きな変更點でしょう。

昨今、軽自動車でも9インチのナビが裝備されることが當たり前になってきたことを考慮すると、7インチというのは小さく、廉価な印象がありました。

今回の改良でも「MAZDA3(マツダ3)」などに裝備される8.8インチセンターディスプレイと比較すると小さいものの、従來の「CX-3」や「MAZDA2(マツダ2)」よりも一回り大きく、視認性は大きく向上しています。

?

スポンサーリンク

【最新】「CX-3」の各グレードの違いとは!?

マツダ「CX-3」公式HPより

ここからは、「CX-3」の各グレードの違いをみていきましょう。

?

「CX-3」グレード構成は、1.5Lガソリン車が「15S」、「15S Touring」、「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」、「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」の4種、1.8Lディーゼル車が「XD」、「XD Touring」、「XD Super Edgy(スーパー エッジー)」の3種、合計7種となっています。

?

「15S」とは

まず、エントリーグレードの「15S」は、「CX-3」を最も安く購入できるグレードとなっていますが、マツダのアダプティブクルーズコントロールにあたる「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」や「360°ビューモニター」が設定できない點が最大のネックです。

また、エクステリアのフロント?サイド?リアボディロアバンパーやピラーを艶ありブラックにすることができず、インテリアもステアリングやシフトノブがウレタンで、インパネパネルなど樹脂製の部分が多いなど、質感は非常に低くなっています。

エアコンも今どき社用車くらいでしか見ないマニュアルエアコンとなっています。

個人的にはタコメーターが裝備されない點も非常に気になります。

上記より、「15S」は一般ユーザーにあまりおすすめできないグレードであると考えます。

?

「15S Touring」とは

「15S Touring」は、「15S」と異なり「アダプティブ?LED?ヘッドライト」を除く全ての安全裝備が設定可能です。

エクステリアは、フロントグリルがシルバーとなり、フロント?サイド?リアボディロアバンパーやピラーを艶ありブラックにすることができる「ブラックグロッシーパッケージ」を設定できるため、質感を大幅に向上させることができます。

フロントやリアバンパー下部、前後のホイールアーチ部分がグロスブラック塗裝となっているSUVは少なく、上位車種にあたる「CX-30」や「CX-5」でも標準では未塗裝となっているため、「CX-3」の大きな魅力の1つといえます。

インテリアは、ステアリングやシフトノブが本革巻となり、インパネパネルも合成皮革となることで、質感は「15S」より向上しています。

當然、エアコンはフルオートエアコンとなり、タコメーターやリアセンターアームレストも標準裝備されます。

価格は「15S」より10萬円程度高い約199萬円となるものの、それでも200萬円以下と安い価格設定、充実した裝備內容から、「15S Touring」は非常におすすめのグレードだと考えます。

?

オプションは、「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」が含まれる「セーフティパッケージ」(約7.2萬円)、エクステリアの質感が大幅に向上する「ブラックグロッシーパッケージ」(約8.8萬円)、「CD/DVDプレーヤー」(約3.3萬円)、「360°ビューモニター」(約4.4萬円)のメーカーセットオプション全てがおすすめです。

ディーラーオプションではナビゲーション用SDカードPLUS(約5萬円)、スマートインETC[ナビゲーション連動タイプ](約4萬円)は必須でしょう。

上記のオプション総額は約33萬円となります。

車両本體価格とオプション総額の合計が約232萬円、諸費用込みで約251萬円となります。

?

スポンサーリンク

「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」とは

マツダ「CX-3」公式HPより

特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」は、ベース車両は「15S Touring」で以下の特別裝備が設定されています。

  • シート表皮の大部分がピュアホワイトの合成皮革、シート中央やダッシュボード、ドアトリムはライトブラウンのスエード調合成皮革?グランリュクス
  • エアコン吹き出し口、メーターリング、インナードアハンドルはサテンクロームメッキ
  • フロントドアアームレスト、コンソールサイドはブラックの合成皮革
  • フロントグリル、ドアミラーが艶ありブラック(グロスブラック)塗裝
  • ピアノブラックのピラーガーニッシュが標準裝備
  • 各種安全裝備(マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール、ドライバー?アテンション?アラート、交通標識認識システム、360°ビュー?モニター、フロントパーキングセンサー、アクティブ?ドライビング?ディスプレイ)を標準裝備
  • 各種快適裝備(スーパーUV&IRカットガラス、シートヒーター、ステアリングヒーター)を標準裝備
  • 16インチ専用アルミホイール

?

何と言っても、シート表皮の質感がベース車の「15S Touring」より格段に質感が高く、さらにドアトリムやドアアームレスト、ダッシュボードなども合成皮革となることで、室內全體の質感が非常に高くなっています。

もはや、室內はBセグメントクラスのクルマとは思えないほどの質感です。

さらに、シートカラーはピュアホワイト、ダッシュボードやドアトリムがライトブラウンとなるため、室內の印象は明るいカジュアルな雰囲気に変わっています。

エクステリアでは、グロスブラックのフロントグリルとドアミラーにより質感高く、スーパーUV&IRカットガラス、シートヒーターやステアリングヒーターにより快適性も非常に高くなっています。

つまり、ベース車の「15S Touring」とは質感も快適性も全く異なる、1クラス上のグレードとなっています。

?

価格は「15S Touring」より28萬円程度高い約227萬円となるものの、「15S Touring」に「セーフティパッケージ」(約7.2萬円)、「360°ビューモニター」(約4.4萬円)を設定した場合の価格と比較すると、価格差は約16.5萬円まで縮まります。

「15S Touring」は裝備が充実して価格が安いというメリットはあるものの、シート表皮やドアアームレストなど質感の低さが気になる方も少なくないでしょう。

そういった方には、圧倒的に質感が高くなる特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」は非常におすすめのグレードだと考えます。

?

メーカーセットオプションは、エクステリアの質感が大幅に向上する「ブラックグロッシーパッケージ」(約8.8萬円)、「CD/DVDプレーヤー」(約3.3萬円)がおすすめです。

ディーラーオプションではナビゲーション用SDカードPLUS(約5萬円)、スマートインETC[ナビゲーション連動タイプ](約4萬円)は必須でしょう。

上記のオプション総額は約21萬円となります。

車両本體価格とオプション総額の合計が約248萬円、諸費用込みで約268萬円となります。

?

「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」とは

マツダ「CX-3」公式HPより

特別仕様車「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」は、特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」と同じくベース車両は「15S Touring」で以下の特別裝備が設定されています。

  • ピラーからルーフにかけてのボディ上部が全て艶ありブラック塗裝となるブラックキャビン仕様
  • ドアミラーが艶ありブラック(グロスブラック)塗裝
  • シート表皮の大部分がブラックのグランリュクス、シート側面やダッシュボード、ドアトリムはピュアホワイトの合成皮革
  • メーターリング、インナードアハンドルはサテンクロームメッキ
  • フロント及びリアドアアームレスト、コンソールサイドはブラックの合成皮革
  • 先進ライト「アダプティブ?LED?ヘッドライト」が標準裝備
  • 自動防眩ルームミラーが標準裝備
  • フロント?サイド?リアボディロアバンパーなどが艶ありブラックとなる「ブラックグロッシーパッケージ」が標準裝備
  • 各種安全裝備(マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール、ドライバー?アテンション?アラート、交通標識認識システム、フロントパーキングセンサー、アクティブ?ドライビング?ディスプレイ)を標準裝備
  • 各種快適裝備(パワーシート&ドライビングポジションメモリー機能、シートヒーター、ステアリングヒーター)を標準裝備
  • ステアリングシフトスイッチが標準裝備
  • Apple CarPlayワイヤレス接続機能をオプション設定
  • ブラックメタリック塗裝となる18インチ専用アルミホイール

?

特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」との最大の違いは、ピラーからルーフにかけてのボディ上部が全て艶ありブラック塗裝となるブラックキャビン仕様となる點、そしてブラックメタリック塗裝となる18インチ専用アルミホイールでしょう。

上記の特別裝備によりエクステリアは全身ツヤツヤとなり、プレミアムコンパクトSUVへと変貌します。

インテリアカラーは黒を基本としているため、「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」よりシックな印象になります。

また、「アダプティブ?LED?ヘッドライト」や自動防眩ルームミラー、パワーシート&ドライビングポジションメモリー機能、Apple CarPlayワイヤレス接続機能を設定できることも特別仕様車「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」の魅力です。

?

価格は特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」より22萬円高い約249萬円となるものの、「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」に「ブラックグロッシーパッケージ」(約8.8萬円)を、「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」に「360°ビューモニター」(約4.4萬円)を設定した場合の価格と比較すると、価格差は約17.6萬円まで縮まります。

特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」の質感に不満を抱く方は少ない様な気もしますが、さらにエクステリアの質感を向上させたい方は、特別仕様車「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」は非常におすすめのグレードだと考えます。

?

メーカーセットオプションは、「CD/DVDプレーヤー」(約3.3萬円)、「360°ビューモニター」(約4.4萬円)がおすすめです。アイフォンを使用している方にはApple CarPlayワイヤレス接続機能(約1.8萬円)もおすすめです。

ディーラーオプションではナビゲーション用SDカードPLUS(約5萬円)、スマートインETC[ナビゲーション連動タイプ](約4萬円)は必須でしょう。

上記のオプション総額は約16.7萬円となります。

車両本體価格とオプション総額の合計が約266萬円、諸費用込みで約286萬円となります。

?

スポンサーリンク

「XD」(AT車とMT車の違い)とは

1.8Lディーゼル車のエントリーグレード「XD」は、「15S」同様の廉価な裝備內容となっているため、一般ユーザーにあまりおすすめできないグレードであると考えます。

一部商品改良前には標準裝備されていた「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」などがオプション設定すらできない様になっており、マニュアルエアコンなど裝備內容が廉価になったことで価格は21萬円程度下がっています。

AT車とMT車の違いは、MT車にはCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーが標準裝備されていることしかありません。

後述する「XD Touring」ほどの違いはありません。

そのため、価格はCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー代3.3萬円の違いがあります。

?

「XD Touring」(AT車とMT車の違い)とは

「XD Touring」は、「15S Touring」と同じく裝備が充実して価格が安いことが魅力です。

さらに、「15S Touring」には設定できない以下の裝備がオプション設定可能です。

  • アダプティブ?LED?ヘッドライト
  • 自動防眩ルームミラー
  • ステアリングヒーター
  • パワーシート&ドライビングポジションメモリー機能
  • シートヒーター
  • 合成皮革シート
  • 合成皮革のドアアームレストやコンソールサイド
  • サテンクロームメッキのインナードアハンドル

など

?

上記のとおり、同じ「Touring」グレードでも、1.8Lディーゼル車の方が安全裝備が先進的で、室內の質感も高くなっています。

一部商品改良前には標準裝備されていた「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」や合成皮革シートなどがオプション設定になったことで価格は33萬円程度下がっています。
※上記はAT車のみ

全てオプション設定した場合、一部商品改良前との価格差はほとんどないため、安くなったというより、裝備を選べる様になって安く買えるようになった形です。

価格は「XD」より14萬円程度高い約245萬円となるものの、充実した裝備內容から「XD Touring」は非常におすすめのグレードだと考えます。

?

MT車は、AT車だとメーカーオプション設定となっている各種裝備が全て標準裝備されている違いがあります。

その他、MT車には「全車速追従機能付マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」やステアリングシフトスイッチが設定できない點でも異なります。

そのため、価格は全メーカーオプションの総額41.8萬円の違いがあります。

一部商品改良前にはオプション設定だった「CD/DVDプレーヤー」や「360°ビューモニター」も標準裝備されているため、MT車については価格設定が8萬円程度高くなっています。

一部商品改良前には設定できたボーズサウンドシステムはAT車?MT車ともに設定できなくなっています。

?

AT車のオプションは、「マツダ?レーダー?クルーズ?コントロール」が含まれる「プロアクティブセーフティパッケージ」(約12萬円)、エクステリアの質感が大幅に向上する「ブラックグロッシーパッケージ」(約8.8萬円)、インテリアの質感が大幅に向上する「インテリアパッケージ」(約13萬円)、「CD/DVDプレーヤー」(約3.3萬円)、「360°ビューモニター」(約4.4萬円)のメーカーセットオプション全てがおすすめです。

ディーラーオプションではナビゲーション用SDカードPLUS(約5萬円)、スマートインETC[ナビゲーション連動タイプ](約4萬円)は必須でしょう。

上記のオプション総額は約51萬円となります。

車両本體価格とオプション総額の合計が約296萬円、諸費用込みで約308萬円となります。

「15S Touring」との比較のため「インテリアパッケージ」(約13萬円)を外すと、諸費用込みで約295萬円となります。
※上記の価格は、全てAT車の価格

?

「XD Super Edgy(スーパー エッジー)」とは

特別仕様車「XD Super Edgy(スーパー エッジー)」は、特別仕様車「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」と同じく、エクステリア?インテリアの質感が非常に高いことが魅力です。

「15S Super Edgy(スーパー エッジー)」との裝備差は全くありません。

?

メーカーセットオプションは、「CD/DVDプレーヤー」(約3.3萬円)、「360°ビューモニター」(約4.4萬円)がおすすめです。アイフォンを使用している方にはApple CarPlayワイヤレス接続機能(約1.8萬円)もおすすめです。

ディーラーオプションではナビゲーション用SDカードPLUS(約5萬円)、スマートインETC[ナビゲーション連動タイプ](約4萬円)は必須でしょう。

上記のオプション総額は約16.7萬円となります。

車両本體価格とオプション総額の合計が約314萬円、諸費用込みで約326萬円となります。

?

スポンサーリンク

【最新】「CX-3」のおすすめグレードは!?

マツダ「CX-3」公式HPより

最後は、「CX-3」のおすすめグレードを検証してみましょう。

上記でおすすめだと紹介した各グレードの価格は、以下のとおりです。

■1.5Lガソリン車

  • 「15S Touring」:約251萬円
  • 特別仕様車「15S Urban Dresser」:約268萬円
  • 特別仕様車「15S Super Edgy」:約286萬円

■1.8Lディーゼル車

  • 「XD Touring」:約308萬円(インテリアパッケージなし車:約295萬円)
  • 特別仕様車「XD Super Edgy」:約326萬円

?

1.5Lガソリン車と1.8Lディーゼル車の価格差は40~45萬円前後ありますが、購入時の諸費用の違いで8萬円程度価格差は縮まります。

さらに、燃費性能は1.5Lガソリン車が13.0km/L、1.8Lディーゼル車が17.0km/L前後ですので、年間走行距離が8,000km、レギュラーが140円、軽油が120円とした場合、10年間で30萬円程1.8Lディーゼル車の方が安くなります。
※実燃費は參考値です。走行環境や季節によって異なります。

つまり、年間走行距離が8,000km程度であれば、「Touring」なら7萬円程度1.5Lガソリン車の方が安く、「Super Edgy」なら価格差はほとんどなくなることが分かります。
※「XD Touring」はインテリアパッケージなし車との比較

いずれにしても、年間走行距離8,000kmを基準に、少なければ1.5Lガソリン車が、多ければ1.8Lディーゼル車がおすすめだと考えます。

?

とはいえ、新型コロナウィルスやガソリン代の価格変動など様々な環境の変化によって、どれだけ走るか、どれだけ乗り続けるかは変わってくるでしょう。

そうなると、やはり価格の安い「15S Touring」、室內の質感や快適性が向上しても尚安い特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」が非常に魅力的だといえるでしょう。

1.8Lディーゼル車の価格は、1クラス上の「CX-30」のガソリン車などCセグメントクラスのクルマも購入できる価格帯となるため、価格の高さが気になる方も少なくないでしょう。

以上から、価格の安さを重視する方は「15S Touring」がおすすめ室內の質感にこだわる方は特別仕様車「15S Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」がおすすめです。

いずれのグレードにしても、エクステリアの質感が大幅に向上する「ブラックグロッシーパッケージ」はおすすめです!

輸入車を検討している方は、エクステリアがプレミアムコンパクトSUVへと変貌する特別仕様車「Super Edgy(スーパー エッジー)」もおすすめです。

?

「CX-3」を少しでも安く、お得に購入したい方は”新車同様の中古車”も検討してみましょう。

”新車同様の中古車”でも「15S Touring」なら200萬円以下で購入できるクルマがゴロゴロしていますよ!

?

スポンサーリンク

【おすすめ】”新車同様の中古車”なら、新車より60萬円以上安い!


車は基本的に新車で買うもの!私はずっとそう考えていました。

しかし、新古車?未使用車や走行距離1,000km程度の車は新車同様です。

さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60萬円以上安く買えるケースも多數あります!

上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!

また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。

?

■中古車のメリット、デメリット
”新車同様の中古車”を買う場合のメリットは何といってもその「安さ」が魅力ですが、デメリットは「自分の付けたいオプションが選べない」という點でしょう。

ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。

そのため、中古車を選ぶ際は車のカラー及びメーカーオプションを妥協しないようにしましょう。

?

■中古車を買うなら中古車販売臺數No1のガリバーがおすすめ!
中古車を買うなら、中古車販売臺數1位のガリバーがおすすめです。

中古車業界の最大手で、知名度も高く、信頼性が高いため安心です。

さらに、ガリバーは以下のメリットもあります。

  • 修復歴車(事故車、事故歴ありの車)を販売していない
  • 納車後、100日以內であれば返品可能
  • ディーラーより長い10年保証(走行距離無制限、ハイブリッドカーのバッテリーなども保証)

ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。

特に驚きなのが、100日以內であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。

その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。

?

■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある!
中古車は基本的に1臺限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。

また、ガリバーでは毎日約500臺の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。

ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。

?

■さらに!2021年11月~12月は”歳末感謝キャンペーン”でお得に購入できるチャンス!
ガリバーは、2021年11月1日~2021年12月下旬の期間中、歳末感謝キャンペーンを開催しています。

期間中はセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。

ただし、セール車両は先著順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!

?

気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方はガリバーに登録して探してもらいましょう!

※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

?

スポンサーリンク

【おすすめ】車の下取り価格を30萬円以上アップさせるコツ!


新車を購入する際、現在の車をディーラーで下取りに出す方も多いと思います。

しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30萬円以上高く売ることも可能です!

中古車買取サービスは、中古車の買取臺數ランキング1位のガリバー無料査定がおすすめです。

買取臺數No1なのには、それだけの高価買取実績サービスの良さ信頼性があります。

中古車販売臺數も1位でしたが、中古車買取臺數も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。

?

■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由
中古車買取臺數が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。

  • 買取車両の在庫期間を短くする獨自のシステムで、在庫管理コストを大幅に削減
  • 全國約550店の直接販売店舗とオークション會場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挾まずに、マージンカットを実現し買取額に反映
  • ディーラーの下取りと異なり、オプションやアクセサリーを買取額にプラス評価!

?

■筆者の一括査定體験談
買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が來て大変鬱陶しい思いをすることになりました。

また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観點からみても良くありません。

上記のことから、一括査定サービスはあまりおすすめできません。

?

■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう!
高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。

高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。

何れにしも、無料ですのでガリバーで査定を行うデメリットはほとんどありません。

査定時にお車の情報を入力する必要がありますが、45秒程度で行えるため簡単です。

もちろん、とりあえず査定するだけもOKです。

?

私はスズキ「スペーシア カスタム」を売る際、ディーラーで下取りに出した後にガリバーの無料査定を知り、「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

私のような後悔をしないためにもガリバー無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう

※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。

?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マツダ「CX-3」のマイナーチェンジ(一部商品改良)の変更點、各グレードの違い、おすすめグレードを徹底検証してみました

?

「CX-3」は、一時人気が低迷していたものの、1.5Lガソリン車の発売により、再度人気が高まっています。

今回の改良により、1.5Lガソリン車はより質感を向上させることができ、価格が高かった1.8Lディーゼル車オプション設定により安く購入できる様になりました。

つまり、より魅力的になったことは間違いありません。

価格の安さや維持費の安さ(燃費性能)では、トヨタ「ライズ」や「ヤリスクロス」には勝てませんが、高い質感という「ライズ」や「ヤリスクロス」にはない大きな魅力が「CX-3」にはあります。

コンパクトSUVの購入を検討している方は、今回の改良で”より魅力的”になった新型「CX-3」も検討してみましょう!

?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

9420免费观看在线电影-9420高清完整版视频在线观看 花季传APP下载安装免费
西贡区| 瑞安市| 铜川市| 呼玛县| 通州区| 紫金县| 香港| 繁峙县| 清徐县| 洪江市| 舟曲县| 广饶县| 宁明县| 雷波县| 南涧| 白朗县| 邮箱| 邢台县| 滦平县| 西盟| 威信县| 丰镇市| 教育| 南川市|